入れ歯について

保険の入れ歯

保険で作成する入れ歯には、レジンや熱可塑性(ねつかそせい)といった材料があります。
また、残存歯にかける針金にもいくつか種類があります。
歯科医院で作成する入れ歯は、あなた専用の完全オーダーメイドで制作いたします。
当院では、患者さんの状態に最適な材料と設計を考えて制作しています。

いまあなたがお使いの入れ歯、噛むと痛い、おしゃべり中にぱかぱか落ちてくる、ひびが入ってしまったなどのお悩みはありませんか?
適切な調整をすれば、痛みや不快感を少なくすることは十分に可能です。
どんなお悩みもまずはご相談ください。
まずはいま使っている入れ歯の調整をしてみましょう。

新しい入れ歯を作りたいといったご要望にもお応えします。

針金のない入れ歯

保険の入れ歯ではどうしても外せないものがあります。
入れ歯を安定させるための銀色の針金です。
当院で扱っている「タムデンチャー」には針金がありません。
「床」と呼ばれるピンクの部分、この素材が特別なのです。
保険の入れ歯に比べて、ご自身の歯に針金をかけないことで歯に対する負担が軽減されます。針金をかけるということは、それだけ大切な残存歯に負担をかけてしまっている、ということなのです。

タムデンチャーでは、ピンクの床そのものに弾性が備わっていることで、針金がなくても歯茎(歯槽骨)にしっかりとフィットし、ぱかぱかしません。
自然な見た目と爽快なフィット感を兼ね備えた、新素材の入れ歯、それがタムデンチャーです。
どうぞお気軽にご相談ください。
作成する歯の本数・タムデンチャーの形態によって価格がかわります。

4歯欠損まで 12.1万円(税込)
6歯欠損まで 14.3万円(税込)
両側遊離端 16.5万円(税込)
総義歯 19.8万円(税込)